エースコンバット7 スカイズアンノウンのPC版がSTEAMにて販売開始されましたね。
配信当初は炎上といっても差し支えないレベルで低評価コメントで溢れ返っておりましたが、現時点では賛否両論と言ったところで落ち着いているようです。
実はPC版も買おうと思っていたのですが、正直様子見かなとも思っていますので、賛否両論ってのが本作の現時点での評価なんでしょうね。
ちなみにPS4版は難易度ノーマルでクリアしたのと、オンラインでも数時間遊んでみたうえで再度総評するとすると。

シナリオやステージ数のボリューム不足は感じるが、総じて言うほど悪くはなかったと思います。
前回は割とボロクソ書いたけど、値段分は遊ばせてもらったしフライトシューティングというゲームジャンルの可能性も感じさせる佳作かな?
ただ、PS4版にはVRとACE5のPS4版が付いてくるのでその分のお得感を引いてしまうと、前述のPC版にフルプライス8208円出せるのかは微妙っていうか厳しい。
そんなこんなで昨日今日と買うた止めた音頭を踊っているのだが、そこは天下のSTEAM様だしコッソリ半額とかでセールやる日を待つのが正解なのだろうね。

(箱版も欲しいが箱は持ってない、6も今風のハードでやりたいんだよ!)


 

ACE COMBAT™ 7_ SKIES UNKNOWN_20190123203505
久々のナンバリング&一部とはいえPSVR対応にドキワクしながら待つ期間の長かったこと。
 その間にPSVR買うわ本体もPS4PROに買い替えるわ、同時発売だけど似たような形のスティック買うの3本目のHORIのフライトスティック買うわで多大な設備投資を伴った本作ですが、愚痴らせていただきましょう。(そして最後に少し褒めよう)

多分、プレイした人の多くが感じている爽快感の無いレベルデザインと難易度設定問題。
難しくても楽しいと感じるゲームは山ほどあるが、本作が残念なのは序盤からほぼ毎ステージ何かしらの行動制限が課せられており自由にドッグファイトさせてもらえない。
レーダーサイトを避けろとか敵の特殊弾頭効果範囲から逃げろとか過去作でも出てくるシチュエーションではあるのだけども、砂嵐だの落雷だの毎回そんな制限付きのミッションだとスッキリしない。
加えて、とにかく出てくる敵を根こそぎ破壊してしまえばよいミッションですらかなり厳しい時間制限&ノルマのおかげで、本来なら俺つえー的なカタルシスを得られるはずのシナリオでフラストレーションの溜まること溜まること…
オマケに無人機!お前だよ!!
事あるごとに増援で大量発生しやがって!!
破壊目標じゃない事が多いから相手にしてるとタイムアップするし、無視してると常にミサイルアラート鳴り響いててシリーズのアイデンティティとも言える無線通話が全く聞こえないじゃないか!!
昔から海外版の方が難しいゲームは多いですが、難易度ノーマルでここまで厳しいとなるとテストプレーや難易度調整は海外基準でやってたのかなぁ?
反復プレイでクリアできる難易度ではあるので、決して鬼畜難易度では無いのだけれども、シリーズの持つ”フライトシューティング”としての気軽さが薄れてしまったのは残念。

さて、文句ばっかり書いてしまったが、評価すべき点も書く。

クッソ奇麗
ACE COMBAT™ 7_ SKIES UNKNOWN_20190123203448
と言っても6の段階でクッソ奇麗だったと思うので順当な進化と言えばそうなのだけど。
模型作る時のカジュアルな参考資料としてもアリかもしれない。
雲がきちんと雲してくれちゃってるおかげで空間失調すら疑似体験できるレベル。
あと、オマケの5も別にリマスターとかでは無いらしいがソコソコ見られるグラフィックだったので意外と思い出補正ってかかってないんだなーとか思った。

VRモードはボリュームこそオマケ程度なのだが体験の価値がある。
レーダーではなく自分の目で敵機を視界内に留めつつ、機体は視線と別のベクトルに進む感覚は過去自分がプレイしたどのVRシューティングより優れている。
今どきプレイ動画を見るだけなら簡単なのだが”一見”ではダメ、”体験”しないとこの感覚は理解していただけない、それぐらい脳汁がドバドバ出る感覚なのでPSVR所有者は試してみてもらいたい。


なんだかんだで賛否両論ありそうな感じだけど、VRモード用DLCとか出たら買っちゃうと思うし、模型業界的にはアイマス機みたいなお遊びも欲しい(さすがに皆もう飽きたか?)次回作が出せるぐらいの燃料がもう一つ欲しい所ではあるかな?

ワタクシ、現在の所、継続してプレイしていると言えるスマホゲームは“アイドルマスターシンデレラガールズ”のみでして、(なんか勿体無いからログインボーナスだけ貰ってるのは他にも有る)まぁ、リズムゲームならリハビリがてら丁度良いか?程度の感覚な訳だったのですが、最近はもっぱら登場アイドルの池袋晶葉さんを如何にして育てるか?が目的となってきております。
 SNSやってた頃のバーザムさんの洗脳が一年以上経っても抜けてないと言う恐ろしい話。

FullSizeRender

 現在我がプロダクションの池袋さんはポテンシャルを34まで解放済み、残り開放可能ポテンシャルは1の所までやって来ました。
こうなると、デレステ屈指の入手難アイテム"プロデュースレシピ"が欲しくなってきます。

プロデュースレシピが欲しければイベントを走れ!
幸い、貧乏性が功を奏してスタドリは各種所持限界数の30+プレゼントボックスに100個程有りますし、ジュエルも10000ほど貯まってましたので、今回初めてイベント上位報酬を狙ったプレイを行うことにしました。
どうせなら最上位報酬貰える2000位以内を目指します。

いつもは60000位ぐらいのヘタクソ全力疾走
残念ながら私、音ゲー苦手で、楽曲レベルで言えば25辺りがギリギリパーフェクト取れることがあるってレベルでして、そんな腕では4曲を一つのライフゲージで連続プレイする今回のイベントをMASTERレベルで走れるはずも無く、ポイント的に不利ではあるもののPROレベルの回数をこなす選択を取りました。

池袋晶葉艦隊
FullSizeRender

池袋さんのファン数向上もプレイにおけるモチベーションなので、効率が悪かろうが何だろうが、当然編成は全員池袋さんです。

空き時間デレステ生活
とはいえ、普通の社会人、仕事中に4曲ぶっ続けで音ゲーするとか確実に職を失う行為なので、基本朝晩に空き時間を作り可能な限りの周回プレイを行いましたが...
IMG_3782
水曜20時までのイベントで、終了間近のスパート対策にマージンをかなり取っておきたいのに火曜の時点で写真の様なギリギリライン。
この時点でほぼすべてのスタドリは飲み尽くし、石を割り始めてるのですが、トップ付近の方々は私の10倍以上のイベントポイントを叩き出しており、永遠にトランザムできる機体と戦っているティエレン操縦兵の心境を想像し恐怖します。


終盤、ポイントを得ても順位が下がり始める
FullSizeRender

なんとか1700位程で迎えた最終日
幸運なことにこの日は仕事が休みだった事も有り、昼間も可能な限りプレイし続け一時的に1500位まで上り詰めました。
「ここまで来れば安全なんじゃね?」
そんな油断と疲労が見え隠れし出した頃、順位表示に異変を感じ始めました。
元々リアルタイム集計ではないので目安にしかならないのですが、それまでは周回すれば順位が上がっていたものが、徐々にそれが鈍化し、終了時間が近くなってくると周回してポイントを貯めても、同位周辺プレーヤーが叩き出すポイントの方が圧倒しているらしく、やってもやっても順位が下がっていく状態が発生。
 危惧していたラストスパート時の火力不足が露呈してしまった形ですが、時すでに遅し、とにかくプレイを止めたら確実に圏外に押し出される勢いでしたので、ギリギリまでプレイを続けました。
因みに最後にイベントホームで確認できた順位は1860位ぐらいだったかな?
とにかく転がり落ちるかのように順位が下がっていったのでドキドキで翌日の集計結果発表を待つことに。

首の皮一枚
IMG_3791
あっぶね〜
ホントギリギリで恐らく、あと一回でも手を抜いてればヤバかったんじゃないだろうか?
とは言え、かなりしんどかったので、今後のイベントは大人しくイベント限定スカチケ取れたぐらいで撤退するぐらいで良いや……


だらだらと書いたが、これにてやっと池袋晶葉のステータスが現時点でのレベルキャップに到達した事になり、いつか来るであろう声が当たる日(く…クルヨネ?)まで個人ファン数を増やして行く楽しみを満喫するだけになった訳ですよ。

IMG_3798
当初の目標は達成

IMG_3800

あとはファン数、日本の人口ぐらいには増やしてやりたい。


↑このページのトップヘ